読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

At Water's Edge

丁寧に暮らし、汚れを拭くこと。超日記的ブログ

ジントニックで踊ろうよ

会社の営業係長の送別会に行った。数年前に辞めた元社員や取引先の人も遊びに来た。主役は最後の仕事が終わらず遅れて来た。色紙は回しきれず、飲み屋に来てから本人の横で書いている人もいたけれど「まだバレてない!」「どんだけポジティブ!?」と皆楽しそうだった。


11年働いて転職。11年てすごいな、私中学上がったくらいだ。係長とはこの1年間だけでもかなりたくさん仕事をした。いろいろ言う人はいるけれど、私は係長が好きだった。


放置され良いも悪いも言われず、方向が合ってるのか自信がないけれど進めなければいけない。そういう時の、それいいじゃんという係長の散歩ついでの一言にどれほど救われたか。

このデザインどう思いますかねとか、ここどうしたら良くなりますかねとか、軽く聞ける唯一の人だった(デザイナー先輩・上司に聞くとしっかり批評されるので完成させてからでないと聞けない)。


1次会が終わる頃にはフラフラで気持ちよく、2次会も行ったけれど水しか飲めなかった。3次会に向かう頃には、上司が私の自転車の後ろに乗って行けー!と叫び、私は私でよいしょー!怖い怖い無理無理あはははは!!と、とても楽しかった。私は飲めないけれど飲み会は好きだと思った。


3次会は、頭も痛かったのでさすがに行かずに帰ったけれど、本気で行きたかったし、本気でもっとお酒飲めたらなと思った。人数が多かったので係長とはまともに話せず、いなくなってしまう実感もないままお別れしてしまった。また機会があればゆっくり話したいなと思った。