At Water's Edge

丁寧に暮らし、汚れを拭くこと。だいたい好きな人のこと。超日記的ブログ

5月は緑

2017.5.2 Tue 〜 2017.5.7 Sun GW

GWは3泊4日で岡山・直島・豊島へ。私にとっては5泊6日だったけれど、あっという間だった。合計6日間も誰かと一緒いたのなんて家族以外で初めてだったと思うけれど、本当に楽しくて幸せな旅行になった。感謝!この旅行で特に印象に残ったのは豊島美術館。特になにも考えずに見ていたけれど、涙が出そうになった。この人と一緒に来れて本当によかったなぁと思った。朝の海もそうだったけれど、一生忘れないなと思った。

でも宇野港で売ってたサイダーのおいしさとか、ベネッセミュージアムで腰が痛くなってしまったこととか、民宿のノートに書かれていた詩とか、予約してくれていたカフェまでの道とか、Tシャツを気に入って2人してすぐ買ったこととか、必死にママチャリこいでる後ろ姿とか、藤の花の香りとか、直島マカロン半分以上食べた食べてないとか、写真に撮っていないことも全部忘れたくないなと思った。

 

2017.5.20 Sat

bonoboscharasuchmosを観にGREENROOM FES'17へ。bonobosはリハでグッドモーニング・マイ・ユニコーンを最後まで演奏してくれた。恋人は「生おかゆの光!」と嬉しそうで、私も嬉しくなった。夏子さんと目が合って、うんうんうんとしたら夏子さんもうんうんうんとしてくれた。いま、夏子さんと、bonobosと同じ時間に同じ場所にいる、、と思った。暖かい季節に外で観るbonobosは本当に素敵だなと思った。

草の上で少し昼寝休憩をした。それからCharaをゆっくり観てSuchmosを待った。Charaの髪はピンク色でよく似合っていた。見た目も魅力的だけれど、あの溢れ出るエネルギーはすごい。あんな50歳になりたいなと思った。スワロウテイルとやさしい気持ちしか分からなかったけれど、もっと色々聴きたいと思った。やさしい気持ちはSuchmos側のステージでも合唱が起こって、みんな笑っていた。

GAGAの曲中に恋人の会社携帯が鳴った。どんな時でもスイッチが入れば仕事のことで頭がいっぱいになるのは、好きなところだなと思った。

 

2017.5.21 Sun

昼からミュシャ展を見に国立新美術館へ。草間彌生展も同時開催されていて、ミュシャ展よりもものすごい人だった。草間彌生、こんなに人気あるのかと思った。入ってすぐ、大きな油彩が見えた。テレビで見て大きいのは知っていたけれど実物はやっぱり迫力がすごくて、こんな大きな絵をどうやって描くんだと思った。リトグラフは「四つの花」や「四芸術」をしっかり見た。あと海丸さんとの共通点に気づいて、好きなことに妙に納得した。マグネットは1種類しかなく(人もすごくて)何も買わずに美術館を出た。バス停まで走った。

恋人がつばめグリルに連れて行ってくれた。知る人ぞ知るといった感じで、これは1人じゃなかなか来れなかったなと思った。ハンバーグもポテトもすごく美味しかった。最後のクレームダンジュが本当に美味しくて唸っていたら、恋人が笑い出して、つられて笑った。それにつられてまた恋人も笑った。可笑しくなってずっと笑っていた。また来たいなと思った。